Return to site

1月24日時点

2019nCoV

世界の感染確認症例等 

確定症例

オーストラリア

オーストラリアで最初に確認された症例は、1月25日にビクトリア州の保健大臣ジェニー・ミカコスによって発表された。症例は50歳代の男性で、1月19日に中国南方航空CZ321便で広州からメルボルンに渡り、現在メルボルン南東部のモナッシュ医療センターで治療を受けている。

フランス

フランスとヨーロッパで最初に確認された症例はボルドーで報告され、パリでさらに二つの症例が1月24日に報告された。フランスのアニェス・ブズィン保健相は記者会見で、フランスでは他にも症例が発生する可能性が高いと述べた。

香港

香港の保健保護センター(CHP)は、検疫に関する権限を拡大するため、届出疾患のリストに「原因不明の肺炎」という用語を追加した。香港政府はまた、病院への訪問を短縮し、訪問者にフェイスマスクの着用を義務付けました。武漢につながる空港や駅では、検査が強化された。2020年の第一週に、武漢からの旅行者30名を検査した。大部分は2019nCoVに対して陽性であった。

2020年1月22日、深センから旅行した39歳の男性が肺炎を発症した。その男は先月武漢に行ったことがあった。患者は2019nCoV陽性で、香港島のQueen Mary病院に入院した。武漢を訪れた(馬温山)出身の56歳の男性も2019nCoV陽性であり、確認された症例数は二例であった。

香港政府はサイクンのレディーマクレホースホリデービレッジを検疫センターに指定した。2020年1月23日には、医療関係者二人とオーストラリアからの訪問者一人の計三人が隔離された。香港観光局は、ウイルスの発生に対する懸念を理由に、旧正月のカップと四日間の旧正月のカーニバルをキャンセルした。

 

日本

武漢に渡航した30歳の中国人が2020年1月3日に発熱し、1月6日に帰国した。2020年1月15日までの入院期間中に2019nCoVの陽性反応が出た。彼はHuanan Seafood Marketを訪れたことはなかったが、武漢で感染者と濃厚な接触があった可能性がある。

24日、武漢から旅行で東京を訪れていた40代の中国人男性が新型コロナウイルスに感染していることが確認されました。

2020年に東京で開催される夏季オリンピックに向けて、日本は2019nCoVから警戒を強めています。

マカオ

2020年1月22日の時点で、マカオは武漢出身の52歳女性と66歳男性の二つの2019nCoV症例を確認した。

マレーシア

2020年1月25日、マレーシア保健省は2019nCoVの症例を三人確認した。

三人ともシンガポールで最初の症例と密接に接触していた。

ネパール

2020年1月16日、武漢から帰国し、カトマンズで隔離されていたネパール人学生の症例が2019nCoVの疑いの可能性があるとネパールで報告された。これは香港のWHO協力センターに送られたサンプルが2020年1月24日に戻ってきてから、国と南アジアの最初の確認された症例となった

シンガポール

シンガポールの保健省(MOH)は2020年1月2日に肺炎の発生に関する健康勧告を発令し、翌日に武漢からチャンギ空港に到着する乗客のために体温チェックを実施した。2020年1月20日、チャンギ空港での検温を中国からの旅行者全員に拡大した。さらに、症状発現前14日以内に武漢に旅行した肺炎患者は病院で隔離される。保健省はまた、病院や一般開業医に対し、最近武漢を旅行した肺炎の症例に注意するよう注意を促した。2020年1月22日、中国から入国し症状が現れた旅行者に対する検疫措置が拡大された。同日、新たに3例の疑い例が発見された。

台湾

2020年1月24日現在、3件確認されています。2020年1月21日、武漢での教師の仕事から桃園国際空港に戻ったばかりの50歳の女性に台湾で最初の症例が確認された。 彼女は体調の変化をパトロールに報告し、それから、正式な国内入国なしで到着時に入院させられ、検疫で治療されている。

タイ

タイでは、武漢から4つの空港(スワンナプーム国際空港、ドンムアン国際空港、プーケット国際空港)に到着する乗客のスクリーニングを行っている。チェンマイ国際空港は2020年1月3日に多くの疑わしい症例が既に他の一般的な呼吸器疾患を持っていたことが判明している。[119][76]

2020年1月13日、タイで初めて2019nCoVの症例が確認され、中国以外では初めての症例となった。罹患者は武漢市在住の61歳の中国人女性であった。海南市場には行ったことがないが、他の市場に行ったことがあるという。彼女は1月5日に喉の痛み、発熱、悪寒、頭痛を訴え、1月8日に家族とツアーグループと共に武漢からバンコクのスワンナプフミ空港に直行した。4日後、RT-PCRを用いて、彼女は新しいコロナウイルスの陽性反応を示した。

タイでは、2020年1月17日に武漢発の飛行機でバンコクに到着した74歳の女性が二番目の症例を報告している

2020年1月21日、武漢からチェンマイに高熱で到着した18歳の男性患者の疑いについてナコーンピン病院が報告した。患者の血液サンプルは、さらなる分析のためバンコクのチュラロンコン国王記念病院に送られた。

2020年1月13日、タイで初めて2019nCoVの症例が確認され、中国以外では初めての症例となった。罹患者は武漢市在住の61歳の中国人女性であった。海南市場には行ったことがないが、他の市場に行ったことがあるという。彼女は1月5日に喉の痛み、発熱、悪寒、頭痛を訴え、1月8日に家族とツアーグループと共に武漢からバンコクのスワンナプフミ空港に直行した。4日後、RT-PCRを用いて、彼女は新しいコロナウイルスの陽性反応を示した。

タイでは、2020年1月17日に武漢発の飛行機でバンコクに到着した74歳の女性が二番目の症例を報告している[74]。

2020年1月21日、武漢からチェンマイに高熱で到着した18歳の男性患者の疑いについてナコーンピン病院が報告した。患者の血液サンプルは、さらなる分析のためバンコクのチュラロンコン国王記念病院に送られた。

2020年1月22日、タイの公衆衛生省は、タイで新たに確認された二つの感染症例の報告を発表した。三人目は68歳の男性で、中国人観光客でした。4例目はタイ人では初めての症例であった。武漢から帰国したナコーンパトム県のナコーンパトム病院に入院している73歳のタイ人女性。

五番目の症例は武漢から到着した33歳の中国人女性で2020年1月24日に確認された。彼女は2020年1月21日にバンコクに到着して3日後にRajvithi病院に入院した。

ベトナム

ベトナムのグエン・フン・フック首相は、保健、交通、外務、公安、防衛、情報通信、文化、スポーツ、観光、労働、傷病者および社会問題、農業、農村開発などの関係省庁に対し、ベトナムへの病気の蔓延を防止し、これに対抗するための措置を講じるとともに、ベトナム国民に流行地域を訪れないよう警告するよう命じました。グエン副首相は中国との国境閉鎖を検討していることを明らかにした。サイゴンツーリストは武漢へのすべてのツアーまたは武漢での乗り継ぎをキャンセルしたと発表した。1月24日、ベトナム民間航空局は武漢発着の全便の欠航を命じた。

感染が確認された最初の二例は1月22日に入院し、ホーチミン市のチョレイ病院で治療を受けた。一人目は、ベトナムに住む息子を訪ねて武漢からハノイまで旅する中国人男性。二人目は父親から感染したとされる男性の息子。ヴェルドジェム保健相代理は同省の緊急流行予防センターの活性化を命じた。

疑わしい症例

オーストラリア

1月25日、ニューサウスウェールズ州では、6人が現在観察中であり、最近武漢から帰国した後に病院で検査を受けることが確認された。6人の患者のうち2人はウイルス陽性の疑いがあり、隔離された。残る4人も感染の可能性がある。

インド

インド政府は国民、特に約500人のインド人医学生が学んでいる武漢市に渡航勧告を出した。

中国からチャトラパティ・シヴァジ国際空港に到着する乗客は、サーマル・スクリーニングを受けると発表された。その後、手続きは他の主要六国際空港にも拡大された。

1月24日、インドのムンバイ市でコロナウイルスの疑いのある症例が二人検出されたと報告された。

両症例は隔離され、治療中の病院で適切な予防措置が取られた。

マレーシア

中国からの旅行者である1人の患者は、ウイルス感染の疑いでサバ州のクイーンエリザベス病院の隔離病棟に入れられた。サバ州の患者一人とセランゴール州の患者二人からなる他の疑いのある患者三人を含む患者は、後に、患者の一人がインフルエンザAウイルス症状と診断され陰性であった。さらに八人の中国人が隣国シンガポールで感染者と接触した後、ジョホールのホテルで隔離された。しかし、八人に対する検査結果も陰性であった。

メキシコ

メキシコのアンドレス・マヌエル・ロペス・オブラドール大統領は1月22日、国境の北部にあるタマウリパス州でコロナウイルス感染の可能性のある症例を当局が調査していると述べた。また、メキシコでの2番目の感染の可能性は否定されたという。この症例はその後、コロナウイルスの検査で陰性であったため、インフルエンザが原因とされている。1月23日、保健事務局は、タマウリパスでの症例とメキシコシティでの二症例が除外されたと報告した。しかし、ハリスコ州では3例、ミチョアカン州では1例、メキシコシティでは1例が現在調査中である。

フィリピン

疑わしい症例の一つは、2020年1月12日にセブ市に到着した武漢出身の五歳の子供で、その子供のサンプルは試験のためにムンティンルパの熱帯医学研究所に送られた。この症例は、病原体が2019nCoVかどうかはまだ決定されていないが、「非特異的コロナウイルス」の検査で陽性であった。

子どもからのサンプルはさらなる検査のためにオーストラリアの検査室に送られており、当局はその結果を待っている。他の3人の中国からの旅行者は別の空港で当局によってチェックされたが、彼らは武漢からのウイルスについて世界保健機関によって出された警告と一致する症状を示さなかった。他の二つの疑いのある症例はウイルス陰性であり、帰宅させた。

このアウトブレイクを受けて、少なくとも1人の衆議院議員から強い要請が寄せられています。Muntinlupaの代表者Ruffy Biazonは、2020年1月22日付けで、武漢からフィリピンのいずれかの地域への便を停止するようフィリピン民間航空局(CAAP)に手紙を送った。王立航空チャーターサービスは武漢からアクランのカリボまでの直行便を運航しています。

英国

1月23日にスコットランドで検査を受けた疑いのある患者は、エディンバラで三人、グラスゴーで一人だった。最近全員武漢に行っている。ヒースロー空港は、毎週武漢から到着する三つの直行便の監視を強化した。これらのフライトはそれぞれ、主要港湾検査官、港湾保健医師、行政支援者、チームリーダーで構成される港湾保健チームによって行われる。さらに、英国のすべての空港では、体調の悪い旅行者が利用できる書面によるガイダンス(英語、北京語、広東語で)が提供されます。英国政府は武漢からの飛行機に乗ってきた2,000人まで追跡調査しています。

アメリカ合衆国

1月24日、米国の保健当局は、米国内の他の63の潜在的症例を監視していると報告した。

米国で監視されている症例は、ワシントン州の最初の患者とイリノイ州の二番目の症例を含む22の異なる州にまたがっている。

諸外国における予防

オーストラリア

オーストラリアのブレンダン・マーフィー最高医療責任者 (CMO) によると、バイオセキュリティー当局は、2020年1月23日から始まる武漢発シドニー行きの週三便の乗客検査を開始するほか、乗客には情報パンフレットを配布し、発熱や感染の疑いがあるかどうかの自己申告を求める。2020年1月21日、オーストラリア当局はブリスベンでSARSに似た症状を呈した男性が自宅で孤立していることを確認した。この男性は、検査室に送られたサンプルが2019nCoV陰性で戻った後に釈放された。

バングラデシュ

バングラデシュのシャハラル国際空港では、スクリーニング対策が強化された。

ブラジル

1月22日、ミナスジェライス州保健長官は、上海から1月18日にベロオリゾンテに到着した35歳のブラジル人女性からの疑いのある症例を報告したが、彼女自身は武漢を訪問しなかったと伝えられている。その後、検査結果が陰性だったため、このケースは却下されました。この事件の後、サンパウロ州では、州の保健長官が新たな疑わしい感染に対する対応と監視計画を発表した。主要な紹介病院は、新型コロナウイルスの症例を検出し報告するよう訓練される。専門家は、中国の流行地域に旅行した人々に関連した発熱、咳および呼吸困難を観察することが推奨される。また、疑わしい患者は隔離し、個人用保護具を使用しなければならないとの通達が出された。

カンボジア

カンボジア保健省は、新型コロナウイルス(2019nCoV)の侵入を防ぐため、プノンペン国際空港、シェムリアップ国際空港、およびシアヌーク国際空港に熱スキャナーを設置して予防措置を講じている。熱スキャナーは、保健省から派遣された検疫官が操作します。現在、症例は検出されていない。

カナダ

カナダ国境サービス局(CBSA)は、トロント、バンクーバー、モントリオールの各空港でウイルスへの注意を喚起するためにサイネージを導入し、中国中部から入国する乗客のために電子キオスクに健康診断の質問を追加した。武漢からカナダへの直行便はない。

イタリア

1月23日、武漢市を含むアジアツアーから帰国したイタリア人歌手が体調不良で入院したとされる。ウイルスの検査では、2019nCoVではないと報告された[170]。

マレーシア

保健省のノア·ヒシャム·アブドラ長官は、国境地点での旅行者の検査に熱スキャナーが使用されており、マレーシアの保健当局は世界的な大流行を受けて厳戒態勢に置かれていると述べました。

マルタ

マルタの地方当局は予防措置を取り、公衆衛生従事者と保健従事者に、病気を蔓延させないために衛生規則を守るよう勧告した。衛生管理者は適切な措置を取るよう警告したが、まだ国内に到着して広がる危険はないと見ている。

オランダ

1月22日現在、航空会社と主要国際空港であるスキポール空港は、武漢からの直行便がないことを理由に、ウィルスの拡散に対する追加的な対策を取っていない。

北朝鮮

北朝鮮は、ウイルスに対する予防措置として、政府がウイルスが十分に制圧されたと判断するまで、外国人観光客の入国を一時的に禁止することになっています。[174]

パナマ

パナマ政府は、ウイルスの拡散を防止し、感染の可能性がある患者を隔離して検査するために、すべての入国港で衛生管理とスクリーニングの対策を強化しました。

セルビア

保健相ZlatiborLončarは、ベオグラードのニコラ・テスラ空港では、空港に到着する乗客に赤外線カメラでの検査を行うなどの新たな対策を導入すると発表し、セルビアではウィルスを持っていると思われる人は誰でも隔離する準備ができていると付け加えた。

スリランカ

スリランカの保健省は、バンダラナイキ国際空港の検疫部に乗客の症状を検査するよう通知した。また、乳幼児、子供、妊婦、高齢者、持病のある人は、混雑した場所をできるだけ避けた方がいいとしている。

トルコ

トルコ保健省は、世界保健機関 (WHO) が国内での検疫の必要性を認めていないにもかかわらず、空港での検査のために検疫室、検査センター、および赤外線カメラを追加的な予防措置として配置したと発表した。

アラブ首長国連邦

2020年1月23日、アブダビ国際空港とドバイ国際空港は、中国から直接到着する旅行者は体温検査を受けると発表した。

アメリカ合衆国

毎年6万人から65,000人が武漢からアメリカに旅行し、一月がピークである。サンフランシスコ国際空港、ロサンゼルス国際空港、およびニューヨーク市のジョン・F・ケネディ国際空港では、旧正月の旅行シーズンに先立って、到着した乗客に対してウイルスの症状について検査を開始した。数が増加し始めたので、シカゴのオヘア国際空港とハーツフィールド・ジャクソン・アトランタ国際空港も、到着する乗客の検査を始めた。

 

 

 

フィンランド

2020年1月24日、中国の武漢からの二人の旅行者がフィンランドのイバロでインフルエンザに似た症状の治療を求めたというニュースが表面化した。サンプルは患者から採取され、分析のためにヘルシンキに移送されており、結果は1月24日末までに準備が整う予定である。公衆衛生当局者によると、この試験は後に陰性であることが確認された。

All Posts
×

Almost done…

We just sent you an email. Please click the link in the email to confirm your subscription!

OK